研修詳細

研修名 マルチフィジックス原子炉シミュレータを用いたプラント挙動の評価及びプラントの物理現象の理解
機関 名古屋大学
年度 2017年度 予定/実績 予定 レベル 中級
研修形態 講義
実習
使用言語 日本語 定員 7
科目分野 実用炉技術 (原子力工学)
基礎 (基礎工学)
安全・緊急時 (緊急時対応)
安全・緊急時 (安全)
管理 (人材育成)
概要 名古屋大学のマクロフィジックスシミュレータ(PWRを対象としたフルスコープエンジニアリングシミュレータ)を用いた講義および演習を実施する。演習項目としては、反応度変化に対するプラント応答(零出力時・全出力時)、ロードフォロー、タービン部分負荷変動、主蒸気管破断、SBO全給水喪失、その他、必要に応じて蒸気発生器伝熱管破損、1次系ポンプトリップ、などの事象をカバーする。
取得できる資格や目標とする資格
費用 0
問い合わせ窓口 名古屋大学大学院工学研究科 山本章夫研究室
事務局 森晴美
052-789-3606
対象者 大学生(理系院生)
大学生(理系学部生)
研究機関・大学等の研究者
設計者
製造技術者
検査・保守・運転・放射線管理
行政機関(規制機関)の従業者
対象国 日本
開催日・地域1 開催日 2018/2/26-2018/3/1
開催期間 3日間
開催地域 愛知県
備考 Lecture and excerise of plant operation, transient, AOO, and SA.
ID:S000001204

     このページをPDF出力
検索システムトップ
研修検索
研修科目-対象者-レベル相関表
活動予定表
施設検索
講師在籍状況

TOPへ戻る